ロータスのお葬式ロータスのお葬式

お葬式 お役立ちコラム PART2

お葬式に関する知識や喪主の心構え、最近のお葬式事情などのお役立ち情報を随時アップしていきます。

part1

初めての葬儀エンディングノート
葬儀・葬式の意味とは? '19.09.30UP 
ご遺族の気持ちに整理をつける '19.09.30UP 
社会的な役割 '19.09.30UP 
宗教的な役割 '19.09.30UP 
物理的な役割 '19.09.30UP 
教育的な役割 '19.09.30UP 

葬儀・葬式はなぜ行うのか?

身内の方や親しい方が亡くなられたら、故人を供養するため、そして最後の別れをするために葬儀が執り行われるのが一般的です。
しかし、なかには「葬儀や葬式はなぜ行うのか?」と疑問を持たれたことがある人も少なくないようです。
最近は葬儀の多様化に伴い、形にこだわらずシンプルに故人を送りたいと望まれる方が増えていますが、今回は「葬儀や葬儀はなぜ行うのか?」と疑問に思われる方に葬儀・葬式を執りおこなう意味を紹介します。
葬儀や葬式の必要性に疑問を感じ、葬儀が必要かどうかで悩んだときは、ここで紹介する内容を参考にご自身とご家族にとってより相応しい別れが何かをお考えください。

葬儀・葬式の意味とは?
人が亡くなったときに、法律上必ずしなければならないこと、それは役所への死亡手続きの届け出とご遺体の火葬あるいは土葬の手続きです。
日本では、人が亡くなったときに葬儀や葬式を行うのが一般的ですが、実際は葬儀や葬式を執りおこなうことは法律上で義務づけられているわけではありません。
それでは何故、葬儀や葬式を執り行う必要があるのでしょうか?
ここでは、葬儀・葬式の必要性を考えるために、葬儀や葬式が意味することについてご説明します。
ご遺族の気持ちに整理をつける
葬儀や葬式の役割のひとつ、それは「ご遺族の気持ちに整理をつける」ためです。
身内の方や親しい方が亡くなることは非常に辛いことですし、なかなか亡くなられたという事実を受け止められない方も少なくありません。
しかし、気持ちに整理がつかないままだと、精神的なダメージからなかなか回復することができません。
そのようなご遺族の気持ちに整理をつけるために執りおこなうのが葬儀や葬式の役割のひとつであり、故人に別れを告げ、亡くなったことを少しずつ事実として受け入れられるようにします。
大切な家族や親しい方が亡くなったことを完全に受け入れるには時間がかかります。亡くなった後に執りおこなう葬儀だけでなく、初七日や四十九日・一周忌・三周忌などの定期的な法要も、ご遺族の気持ちに整理をつけるための大切な時間となります。
社会的な役割
葬儀は、社会的な役割を担う儀式でもあります。
人はだれもが社会に存在し生きているため、亡くなった際はこれまでお世話になった方や仕事関係の人などに訃報を伝え、訃報を知った人々が葬儀や告別式に集まり、改めて故人が亡くなったことを確認する機会が必要です。
その他、ご遺族は社会に故人の死を知らせるために死亡届けを提出する、戸籍から外すなど、社会的な処理が必要になり、会社の社長や役員などが亡くなった際は社葬を執りおこない後継者をお披露目するといった役割もあります。
宗教的な役割
葬儀は、宗教的な役割を担う儀式でもあります。
故人を供養して、あの世へ送り出すために行われる儀式である葬儀は、宗教によって生死に関する考えや葬儀の作法などに違いがあります。
現在、日本では葬儀における宗教的な役割という意味合いがやや薄れてきている傾向にあるため、無宗教の葬儀も多くみられますが、一般的には故人やご遺族が信仰している宗教で葬儀が執り行われます。
物理的な役割
人が亡くなった際はご遺体を土葬や火葬などの方法で処理し対応する必要がありますが、これも葬儀が担う物理的な役割といえます。
教育的な役割
葬儀は、生あるものは死するべき者であること、そして人の死から生の大切さを教えてくれる教育的な役割を担います。葬儀を行うことで、人の生と死の重さや、命の大切さを感じられる機会でもあります。
ロータスのお葬式